全自動皿式で攻める。
ブラインシュリンプの餌としての欠点
エアレーション、冬は加温が必要
殻・未孵化卵・塩水との分離が必要であり、かなり厄介
総じて面倒くさい
ただ、そんなデメリットがあったとしても、それを上回る価値があるブラインシュリンプ
様々な趣向を凝らしながらコイツと付き合っている方が多いと思います
d0133013_181136100.jpg

僕もそんな一人
d0133013_18113649.jpg

今回のミソ。これが殻と未孵化卵を勝手にシャットアウト
d0133013_18113751.jpg

大きい皿にセット
皿式なのでエアレ不要。なんでも薄く張った水に大気圧で空気が入るんですって、よくわからん
d0133013_18113750.jpg

ダンボールにセット
カップから明るい方へ勝手にヤツが集まる
d0133013_18113852.jpg

いい出来
d0133013_18113895.jpg

暖かい照明の上に置く
d0133013_18113934.jpg

水槽をメンテするためにどかしてたりしたら卵がぁ・・・
チャンチャン
d0133013_1942283.jpg



後日談
制作当時から気づいていたが、ダンボールのせいで照明の熱が伝わらない
なんかダンボールいらなくね?ってことで
d0133013_18113940.jpg

こうなりました
d0133013_18114048.jpg

うまくいけばカップ掃除だけでいけるか、なんて思っていますが水的に無理でしょう
また経過をUPする予定

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へポチっとな
[PR]
by KiMaMa_AQUA | 2012-04-02 19:26 | Aqua


<< 皿式の成果 スカーレットジェム観察写真 >>