プチ崩壊とラミノーズ・ナーバステトラ
部活で沖縄にレースをしに行っていました。
3泊4日でしたが、やはり水槽が成長していました。
タイガーロータスの葉がさらに巨大化。
テネルスのランナーはあちこちから出現した上に、
新芽も伸びていて孫ランナーも確認できた。
30cm水槽ではラージパールグラスが、頂点部に栄養を集めて葉が巨大化していた。
閑話休題

小型水槽はちょっと目を離すとこんなことになっている。(家を空ける前)
d0133013_1727370.jpg

この水槽にはラミノーズテトラがいるのですが、ブログではあまり触れていませんでした。
通販で購入したのですが、半分死着。保障として送られてきた4匹すべて尾ぐされ病。
今ではだいぶ落ち着いたようですが、
この一件でラミノーズテトラの研ぎ澄まされたナーバスさを体感。
d0133013_1727322.jpg

さらにとても臆病で、小型水槽のためか少しの物音にも過敏に反応。
導入当初は気が参りました。
今でも相変わらずですが、こっちがなんとか歩調を合わせている感じ。
30cm水槽では狭そうなので60cm水槽への移動も考えましたが、病気が怖い。
今でも30cm水槽の左下を拠点に生活してもらってます。
d0133013_172737.jpg

近づくと定位置に戻り、警戒を始めてしまうのですが、
餌を水面に浮かべ、静かにしていると舞い始めます、。
d0133013_172744.jpg

餌の食いつきは激しい部類ですね。
でも浮水性の餌にはなかなか反応しないです。
うちでは何粒か沈んだ餌が起爆剤となって、水面の餌を食らいつくすパターンです。
水面の餌を食べる際に最も臆病さが際立っています。

ちなみに先日レースから帰宅した時には、綺麗に発色していました^^;
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ応援ポチっとお願いします。
[PR]
by Kimama_aqua | 2011-11-17 18:06 | 30cm-wide-


<< 暴走ロータス テネルスは脅威の走り屋? >>